離婚の必要書類

 離婚をする時にまず用意すべき必要書類は、離婚届です。
役所にこの届を出す必要があり、本籍地がある役所の場合はこれを1通、若しくは2通出せば手続きを行う事ができます。
本籍地以外の役所に出す場合は、これ以外に戸籍謄本も必要となります。

 ただ、ケースによっては用意すべき必要書類が変わってっ来ます。
例えば、協議離婚の場合は離婚届のみの提出で終了する事ができます。
しかしこの場合も本人かどうかを確認する必要があるので、運転免許証等本人確認が出来る物を予め用意しておかなければいけません。

boy

 調停離婚の場合は、調停調書の謄本も合わせて必要となります。
また離婚裁判の時は判決の謄本、確定証明書等が必要となり、それぞれの書類がないと手続きを進める事が出来ません。

 この様に、一言で離婚と言っても実はその人の置かれている状況、選んだ形によっても用意すべき必要書類というのが変わってきます。
従って、事前に何が必要なのかという事を調べておく事がポイントとなります。

 この場合は、役所に直接問い合わせたりすれば何が必要か教えて貰う事が出来ます。
そうすれば実際に役所に書類を提出しようとした時に書類に不備があるからと言って手続きを進める事ができないという事にもなりません。

ページ上部へ戻る